学校と文化施設をつなぐティーチャーズプログラム2018(2018年8月22日)

東京都写真美術館を管理運営する公益財団法人東京都歴史文化財団では、毎年夏休み時期に、都内の学校の教職員の方に教育普及事業を紹介する「ティーチャーズプログラム」を施設ごとに開催しています。

8月22日には、当館にてプログラムを行いました。

プログラムには、都内小中高等学校の図工・美術の先生を中心に、計21名が参加しました。

内容は、美術館概要の説明とスクールプログラムの紹介、フォトグラム制作と、対話型作品鑑賞です。

フォトグラムでは、印画紙や引き伸ばし機などの暗室用品に触るのも、暗室に入るのも初めてという方もいらっしゃいました。そして現像液の中に浸した印画紙から現れた画像を見て、先生方は驚いたり喜んだりしながらも、子供たちが体験したらどう反応するのかについて考えていました。

また、当館オリジナルゲームでは、このゲームによるアイスブレイク効果などを実際に体験しながら、子供たちの思考力や発言力を促す方法について考えました。

スクールプログラムは、美術館の資源を活用することによってこそ実現できる、子供たちに贈る芸術体験です。学校が美術館と連携することによって、子供たちにどのような芸術体験の機会をもたらすことができるか、「生きる力」を育てるために当館のプログラムはどのような効果があるのかについて、美術館と先生方とが、ともに考える時間となりました。

 

学校と文化施設をつなぐ ティーチャーズプログラム2018

実施日:2018822日(水)

参加者:都内小中高 学校教員 21

 

会場全景

 

対話型鑑賞の様子