スクールプログラム:狛江市立狛江第四中学校(2018年7月25日)

狛江市立狛江第四中学校の美術部の皆さんが来館し、フォトグラム制作と、「TOPコレクション たのしむ、まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展の鑑賞を行いました。

フォトグラムでは、各自が持参した素材や、当館にある様々な素材を並べて、二枚の作品を作りました。おはじきやビー玉を透明なコップに入れて印画紙の上に置き、諧調変化が豊かな作品ができました。初めて入った暗室で、暗いセーフライトの下、現像液に浸した印画紙に画像が浮かびあがると、生徒の皆さんはとても楽しそうでした。

また、当館オリジナルのゲームでは、「あつい」という言葉にぴったりだと思うかたちを選ぶと一つのグループの三人が同じカードを選んでいました。鑑賞では、皆さんの観察力がとても鋭く、木村伊兵衛の《浅草・花屋敷》を見たチームは、人物の服装や看板などを細かく観察していました。

猛暑の季節ですが、美術館で新たな体験をして、楽しい思い出ができました。

 

スクールプログラム

狛江市立狛江第四中学校

実施日:2018725日(水)

参加者:美術部 計13名

 

左: おはじきやビー玉をガラスコップに入れて作品を作る

右: 木村伊兵衛の作品を鑑賞する