スクールプログラム:練馬区立旭丘中学校(2017年10月5日)

普段は美術館内での活動が主ですが、時には「出張授業」として、美術館スタッフがそれぞれの学校へ訪問することがあります。

今回は練馬区立旭丘中学校に訪問し、特別支援学級の1〜3年生と一緒に青写真のプログラムを行いました。

青写真は太陽の光で印画紙を感光させるため、お天気によって作品の出来がかなり変わってしまいます。

10月は夏に比べて日光も弱まり、また不安定なお天気の日が多いのでやや心配でしたが、当日はすっきり晴れてひと安心でした。

まずは、さまざまな素材を用いて印画紙の上にレイアウト。

毛糸やリボン、羽根、クリップといった身の回りにある素材を、思い思いの場所に工夫しながら配置していきます。

その後は、普段立ち入ることのないという屋上に出て、青空の下で露光作業。

印画紙の色が少しずつ変わっていく様子に、じっくり見入る生徒も見受けられました。

露光が完了したら、印画紙を水洗、オキシドールで漂白です。

鮮やかな青色が現れると、歓声が上がりました。

最後には、出来上がった作品を前に、みんなのこだわりポイントを発表。

それぞれの思いの詰まった作品が完成しました。

出張授業は、美術館だけではなく学校側の事前の準備も多く、先生も大変ではありますが、学校と美術館が連携して素敵な授業になりました。

 

スクールプログラム

練馬区立旭丘中学校(出張授業)

実施日:2017年10月5日(木)

参加者:特別支援学級 計14名

 


印画紙に材料を並べます

 


屋上で日光にあてて露光します

 

 

 


水洗し、オキシドールに浸すと、深みのあるブルーに変化。

個性溢れる作品ができあがりました。