じっくり見たり、つくったりしよう! 夏期 2017年8月19日、20日

作品の鑑賞と作品づくりがセットになったプログラム「じっくり見たり、つくったりしよう!」。

今回は、「TOPコレクション コミュニケーションと孤独ー平成をスクロールする 夏期」展にあわせて開催しました。

当日、プログラム開始前にまずは親子で記念撮影。

プログラムが始まると、まずは「色とかたちと言葉のゲーム」で大人も子供も自由に思ったことを話し合いました。

その後、3Fの展示室に移動し、作品を鑑賞。

19日は大人も子供もみんな同じグループで鑑賞し、20日は大人のチームと子供のチームに分かれて鑑賞しました。

一見同じように見える北島敬三の作品の前で、違いを探したり、なぜこのような写真を撮影したのかを考えたり、津田隆志の50枚の写真から、一番気になる1点をさがしたり、思ったことを話しながらじっくり作品を鑑賞しました。

スタジオに戻って、作品づくりでは、親子の記念写真でモノクロ銀塩プリントを体験しました。

参加者が展示室にいる間に、当館スタッフが、親子で記念撮影した画像データからデジタルネガをつくっておきました。

それを使って、親子で力を合わせて暗室での現像作業をおこないました。

まずは段階露光をおこなって適正な秒数を決め、いよいよ本番です。

自分の写った写真となると、みんな知らず知らずに力がこもった様子でした。

次回は、「TOPコレクション シンクロニシティ」展に合わせて、10月と11月に開催します。

詳しくはこちら

http://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2776.html

 

*   *   *

「じっくり見たり、つくったりしよう! 夏期」

日 時:2017年8月19日(土)、20日(日) 10:30〜13:00

参加者:小学生とその保護者10組

 

親子で写真撮影。
 

年齢に関係なく楽しめるゲーム。
 

親子で鑑賞。
 

子供だけで鑑賞。
 

初めて見るデジタルネガ。
 

初めて入る暗室での初めての現像体験。
 

写真が完成!