イントゥ・ザ・ピクチャーズ展関連「じっくり見たり、つくったりしよう!」(2018年7月28日、29日)

作品の鑑賞と作品制作体験がセットになった親子向けプログラム「じっくり見たり、つくったりしよう!」。

今回は、「TOPコレクション イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展にあわせて開催しました。

先ずは当館オリジナルの「色と形と言葉のゲーム」でアイスブレイクをしました。

選んだカードはみんなそれぞれ異なりました。

特に子供たちと大人では考えが大きく違っていて、話はとても盛り上がりました。

ゲームの後はいよいよ展示室へ。

参加者は子供チームと大人チームに分かれ、「TOPコレクション イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展の鑑賞を行いました。

大人チームは家族五人が並んで座っている作品を鑑賞し、人物の服装や部屋の内装、家電などから、写真を撮った年代を推測しました。子供チームはエスカレーターに乗った人々の作品を見て、エスカレーターで座ることは良いことではないので、その人に「危ないよ」と教えてあげたいのだと言ってくれました。

作品制作では、「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」にちなんで、動物のシルエットとデジタルネガを使って風景の中に自分の分身が入り込んだ写真を作りました。

それぞれが気に入ったネガと動物シルエットを選んで、親子がペアになって、暗室で作品を作りました。

野球が大好きなお父さんは、野球場の写真のホームベースのところに象のシルエットを置いて、

鉄壁の守備の様子を表現していて、好評でした。

作品を見て楽しくて話をしたり、初めて入った暗室で作品を作ったり、皆さんとても楽しい時間を過ごしました。

 

イントゥ・ザ・ピクチャーズ展関連「じっくり見たり、つくったりしよう!」

日 時:2018年7月28日(土)・29日(日) 10:30〜12:30

参加者:小学生とその保護者 計15組(30名)

 

 

左:好きな動物シルエットを選びます

右:出来上がったプリントを鑑賞します。

 

 

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ 夏期(2017年9月3日)

TOPコレクションに関連して開催している「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」。

9月3日に「コミュニケーションと孤独」展に合わせて、夏期の回が開催されました。

今回は、春期展の時よりも大人数での開催となり、

アイメイトを連れた方や手話を話す方などさまざまな背景をもつ方々と、

そして介助者の方や手話通訳の方々も、一緒に展示室をめぐりました。

今回の展覧会は、コミュニケーションをテーマとしていますが、

このプログラムもコミュニケーションが一つの大きな特徴です。

「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」のスタッフの

見えない人の木下さんと見える人の鄭(てい)さんがナビゲーターのAチームと

見えない人の中川さんと見える人の林さんがナビゲートするBチームに分かれて、

チームの人々でコミュニケーションをとりながら鑑賞することによって、様々な深まりがみられました。

 

「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ 夏期」

スタッフ:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ

実施日:2017年9月3日(日)

参加者:計11名

 

 

 

 


 

 

撮影:中島佑輔
撮影:中島佑輔

 

撮影:中島佑輔
撮影:中島佑輔

 

 

 

 

 

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ 春期(5月28日、6月4日)

見えない人と見える人が一緒にお話をしながら、展覧会を鑑賞するワークショップをおこないました。

当館で開催するのは今回が初めてです。

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ(代表・林健太氏)という、ワークショップ名と同じ名前の団体の林さん、鄭さん、木下さんにいらしていただき、見える人の鄭さんと見えない人の木下さんによるナビゲーターコンビと共に、「TOPコレクション いま、ここにいるー平成をスクロールする 春期」展を鑑賞しました。参加者は、見える人、見えない人、そして様々な背景を持つみなさん。

自己紹介をしてリラックスした雰囲気のなか、展示室へ移動し、松江泰治作品、安村崇作品、佐内正史作品を鑑賞しました。話し合いながらみることで、参加者の日常との違いを作品のあちこちから見つけたり、普段何となく見えていることにしてしまっているけれど、実はよく見ていなかったことに気づいたり。

ある参加者は「こんな写真を撮る作家さんがどんな人なのか、会ってみたい」と話していました。

このプログラムは、TOPコレクションの夏期、秋期でも開催予定です。

「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」

実施日:2017年5月28日(日)、6月4日(日)

参加者:計13名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影:中島佑輔(3枚とも)

1